AES暗号化

概要

トランセンドはデータの取扱いやセキュリティが重量なアプリケーションにハードウェアAES暗号化機能をもつSSDを提案します。

AESとは

NIST (National Institute of Standards and Technology)によってFIPS PUB 197 (Federal Information Processing Standards Publication 197)に規定された電子データを保護するために使用される暗号化アルゴリズムです。

AESアルゴリズムは データを暗号化/復号化する対称ブロック暗号で、図1が示すように128 / 192 / 256ビットの暗号化キーを使用して、通常のデータ(Pain-text)を解読できない暗号化データ(Cipher-text)に変換、暗号化されたデータを解読できるよう通常のデータに複号します。

トランセンドのハードウェアAESソリューション

トランセンドではソフトウェアやファームウェアによる暗号化よりも優れたセキュリティとパフォーマンスが提供できるハードウェア暗号化機能を備えたSSDを用意しています。

ハードウェア暗号化ではデータはNANDフラッシュに保存する前に暗号化されます。(図2参照) NANDフラッシュに書き込まれた暗号化されたデータを解読するには暗号化キーが必要です。

また、ソフトウェアによる暗号化とは異なり、暗号化/復号化にシステムのリソースが不要なのでパフォーマンスを損なうことがありません。

トランセンドは幾つかのSSDについてハードウェア暗号化を備えた製品を提供できます。データを安全に取り扱うことができるので金融や医療などセキュリティが必須となるアプリケーションにお勧めしています。

シェア