拡張温度モデル

拡張温度モデルのSSDは、-20℃から75℃までの温度帯で安定動作が可能です。広域温度モデルと同様にチャンバーで高温/低温および高湿環境での試験を実施しており、ミッションクリティカルなアプリケーションでも利用できる耐久性と信頼性を確認しています。

トランセンドはSSD製品ラインアップに温度拡張技術を用いており、厳しい動作環境下での信頼性を高めています。

従来の温拡品を細分化することで、耐久性が重要視されるヘルスケア機器、ハイエンドの製造装置、軍事設備などの産業用途の多様なニーズに対応でき、品質とコストを考慮した最適なソリューションを選択いただけると考えています。


標準温度モデル 0℃~70℃
広域温度モデル -40℃~85℃
温度拡張モデル -20℃~75℃


トランセンドは、異なる動作温度範囲の組込み向けソリューションを提供しています。製品モデルによって対応温度が異なることがあるため、詳細はトランセンドの各製品ページを参照ください。

製品一例

トランセンドはご要望に応じてカスタマイズ対応もしております。詳細はお問い合わせください。

Cookieの利用を有効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する

Cookieの利用を無効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する