PCIe M.2 SSDs

MTE352T & MTE352T-I

トランセンドのMTE352TはPCI Express (PCIe) Gen 3 x4インターフェースを採用し、NVM Express (NVMe) 1.3に準拠した片面実装のM.2 SSDです。96層の3D NANDフラッシュを採用したことで、64層のものよりもストレージ効率が優れており、DRAMキャッシュによる高速アクセスと3K P/Eサイクルの耐久性を提供します。また、-20℃~75℃の広域温度帯で動作でき、30u"厚の金端子とコーナーボンドで信頼性を高めています。ミッションクリティカルなアプリケーション等で利用できる温度拡張モデル(-40℃ ~ 85℃)も取り扱っています。


特色

  • 耐久性: 3K P/Eサイクル
  • 30uインチ厚のPCB金端子部
  • -20°C ~ 75°Cで使用できる標準品と-40°C ~ 85°Cで動作可能な温拡品(オプション)
  • PCIe Gen 3 x2インターフェース
  • 主要部品にはコーナーボンド技術を適用しています。
  • PCI Express Rev. 3.1
  • NVM Express 1.3に準拠
  • NVMコマンド対応
  • SLCキャッシュ
  • LDPC ECC機能
  • ダイナミック・サーマル・スロッタリング
  • RoHS 2.0指令対応製品
  • SSD Scope Proソフトウェア

仕様

外観

サイズ30 mm x 22 mm x 2.38 mm (1.18" x 0.87" x 0.08")
重量4 g (0.14 oz)
フォームファクタ
  • M.2
M.2規格
  • 2230-S3-B-M

インターフェース

バスインターフェース
  • NVMe PCIe Gen3 x2

ストレージ

フラッシュ種類
  • 3D NANDフラッシュ
容量
  • 128 GB
  • 256 GB
  • 512 GB

動作環境

動作電圧
  • 3.3V±5%
動作環境温度
  • 標準
    °C (°F) ~ °C (°F)
  • 温度拡張
    -20°C (-4°F) ~ 75°C (167°F)
  • 広域温度
    -40°C (-40°F) ~ 85°C (185°F)
保管温度-55°C (-67°F) ~ 85°C (185°F)
湿度5% ~ 95%
耐衝撃
  • 1500 G、0.5 ms、3軸
耐振動(動作時)20 G (最大振幅), 7 Hz ~ 2000 Hz (周波数)

電源

消費電力(動作時)3.12 ワット
消費電力(スリープ時)0.36 ワット

データ転送スピード

シーケンシャルリード/ライト(CrystalDiskMark, 最大値)読出し: 1,700 MB/s
書込み: 1,000 MB/s
4Kランダムリード/ライト(IOmeter, 最大値)読出し: 150,000 IOPS
書込み: 230,000 IOPS
MTBF [平均故障間隔]3,000,000 時間
TBW [総書込み容量] (最大値)1,080 TBW
DWPD [1日あたりのドライブ書込み数]2.0 (3 年)
注記
  • 転送速度はホストのハードウェア、ソフトウェア、使用方法、ストレージ容量等によって異なる場合があります。
  • DWPDの算出に使用される条件は実際の使用環境とは異なる場合があり、ホストのハードウェア、ソフトウェア、使用状況、ストレージ容量によって異なることがあります。

保証

認証
  • CE
  • FCC
  • BSMI
保証
  • 3年保証
保証規定
  • 保証規定についてはこちらでご確認ください。
  • トランセンドのSSD Scopeソフトウェアにて寿命インジケータが0%となっている場合は保証の対象外となります。
  • メモリ製品を使用するインダストリアルアプリケーションは多岐に渡り、使用条件や環境も様々であるため、トランセンドは全ての機器との互換性や安定動作を保証することができません。特定の仕様に関して不明なことがあれば事前にお問い合わせいただくことをお勧めいたします。
  • SSD Scope Proソフトウェアの詳細についてはお問い合わせください。

製品情報

128GB
  • TS128GMTE352T
  • TS128GMTE352T-I
256GB
  • TS256GMTE352T
  • TS256GMTE352T-I
512GB
  • TS512GMTE352T
  • TS512GMTE352T-I