オートメーションシステム

自動化技術は、可能な限り人的介入を減らすために制御システムを使用して機械や装置を操作することによって人件費を削減します。すべてのプロセスが自動的に行われるため、安定した信頼できる動作が不可欠です。自動化の現在の動向はインダストリー4.0と呼ばれており、IoTやクラウドコンピューティングと相互接続された自動化製造プロセスを意味しています。そのためには、データのセキュリティと管理が不可欠となっています。

信頼できる自動オペレーション

人的介入を排除したり、最小限に抑えようとする場合、機械が自身で円滑に動作できることが重要です。温度管理も通常の動作を維持するために重要です。トランセンドの温度センサは、デバイスが温度変化を監視し、過熱による故障を予防します。さらに、温度拡張により、デバイスは-40°C~85°Cの温度帯で動作でき、信頼性が向上します。絶縁保護コーティングは、粉塵、電気的干渉、湿気からデバイスを保護し、アンダーフィルは、熱や機械的ストレスに対する耐性を強化します。トランセンドのモジュールは衝撃や振動に耐えられるように設計されているので、堅牢なシステムの構築を手助けします。電源が不安定な場合、Intelligent Power Shieldが電断時のデータ書き込み時間を延長し、データ転送の信頼性を高めます。硫黄が高濃度で存在するような環境には、耐硫化技術で硫黄の蓄積による異常動作の発生を防ぎます。

安心のデータセキュリティと簡単な管理

機密データがインターネットおよびクラウドコンピューティングにある場合、データセキュリティは不可欠です。ハードウェアベースのAES暗号化を搭載したトランセンドのSSDは、TCG Opal 2.0仕様に準拠しており、優れたデータ保護とパフォーマンスを提供します。SSD Scope Proソフトウェアは最大16台のSSDを同時に管理できるので、工場の自動化装置のモニタリングなどに役立ちます。

Cookieの利用を有効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する

Cookieの利用を無効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する