様々な活動や業務が密接に絡み合っているデジタル世界では、データセキュリティの必要性が高まっています。企業のデータやシステムの保護への取り組みに対してトランセンドは留意しており、データの破損や盗難を防ぎ、デジタル資産を保護するための高いセキュリティメカニズムを提供します。

TCG Opal Toolbox

TCG Opal Toolboxは、AES-256暗号化によってSSDのセキュリティを高め、強力なデータ保護を提供します。このツールを使用することで、TCG Opal仕様に準拠したSSDをパスワードで保護できるだけでなく、保護する範囲を設定することもできます。更に、起動時にユーザー認証を行う起動前認証機能も利用できるので、安心のデータセキュリティを提供します。

ATA Security Toolbox

ATA Security Toolboxを利用することにより、ユーザーはセキュリティレベルとパスワードの設定を行うことができ、わずかな作業で簡単にデータを保護できます。

セキュリティの確保
  • TCG Opal Toolbox
  • ATA Security Toolbox
TCG Opal Toolbox
パスワードの設定

ユーザーはパスワードを設定して、ドライブへのアクセスを制限できます。パスワードで保護されているドライブにアクセスしようとすると、パスワードの入力が求められます。

ロック範囲の設定

LBAの範囲を指定し、特定の範囲ごとに異なるアクセス許可を割り当てることができます。特定のユーザーのみが、許可されたアクションを実行できます。

起動前認証

ユーザーがデバイスを起動する際に認証プログラムが実行されます。ユーザー認証が完了すると、通常の起動プロセスへ移行してデバイスへの接続が行われます。

初期化

ユーザーは、PSID (Physical Secure ID)を入力することで、ストレージデバイスを初期状態に戻すことができます。この機能により、全てのデータを安全かつ永久に消去できます。

ATA Security Toolbox
ステータス

ディスクの詳細セキュリティステータスがチェックでき、ドライブの状態を把握できます。

機能

ロック、ロック解除、イレースのセキュリティ機能を選択します。

セキュリティ

セキュリティレベルが設定でき、データを保護するためのパスワード設定が行えます。

大切なビジネスに適切なセキュリティの選択
SDK

柔軟性や互換性がお客様にとって重要であることを認識しており、WindowsやLinuxなどの現行システムとのシームレスな統合を可能にするTCG OpalToolboxやATASecurity ToolboxのSDKを提供しています。

セキュリティレベルの設定

ユーザーのニーズに合わせ、様々なセキュリティレベルを割り当てることができるので、様々な脅威からのデータ保護に役立ちます。

自己暗号化

セキュリティ機能は、デバイス自体の内部で実行されます。 ホスト(OS)を介する必要がないため、OSとの互換性を心配する必要がなく、高速で安全な暗号化を可能にします。

製品一例

トランセンドはご要望に応じてカスタマイズ対応もしております。詳細はお問い合わせください。

Cookieの利用を有効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する

Cookieの利用を無効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する