ハードウェアパージ

ハードウェアパージとは?

ハードウェアパージはフラッシュメモリの全ブロックに対して消去を行い、SSDを生産時の状態に戻します。一般的なデータ消去ではATAコマンドを使用するのに対し、ハードウェアパージではコントローラの入出力ピンに接続したスイッチを使用します。ハードウェアパージ・ピン(図1参照)をショートさせることにより、クイック消去機能が作動してSSDに書き込まれた全てのデータを完全消去します。消去したデータを復旧することはできないので、データ漏えいの心配がありません。

トランセンドのハードウェアパージ

トランセンドではハードウェアパージ機能を付加できる様々なSATA-III SSDを取り揃えています。ハードウェアパージ・ピンはコントローラの入出力ピン(図2参照)に接続されており、この機能を利用することで瞬時にデータを確実に消去できます。[ハードウェアパージ・ピンに対応したカスタマイズファームウェアが別途必要]

シェア