ご使用の機器の仕様に適合した製品を検索できます。

PC用ポータブルストレージ

StoreJet® 25M3

StoreJet 25M3は耐衝撃性に優れた外付けハードドライブです。USB 3.1 Gen 1インターフェースによる高速データ転送を提供します。

高速データ転送

StoreJet 25M3はUSB 3.1 Gen 1インターフェースを備え、UASP (USB Attached SCSI Protocol)に対応しているので、最大5Gbpsの快適データ転送を提供します。

優れた耐衝撃性

StoreJet 25M3は米軍の落下試験相当のテストで耐衝撃性を確認しています。シリコンカバー、衝撃吸収サスペンションダンパー、強化ケースの三層構造でデータを保護します。

2つのカラーバリエーション

StoreJet 25M3はアイロングレーとミリタリーグリーンのカラーバージョンがあります。

ワンタッチ自動バックアップ

StoreJet 25M3にはワンタッチ自動バックアップボタンが搭載されており、ボタンを押すだけでデータをバックアップします。* このボタンは安全な取り外しを行った後に再接続をしないでPCにデバイスを再認識させる機能も備えています。

*Transcend Eliteソフトウェアを使用して設定を行う必要があります。

専用ソフトウェア

Transcend Eliteはファイルの整理、保護、更新に便利なデータ管理ソフトウェアです。

詳細

RecoveRxソフトウェアは誤って削除してしまった写真、ドキュメント、音楽、動画ファイルの復旧を行うことができます。

詳細

優れた品質

トランセンドの外付けハードドライブには厳格な検査を実施しており、品質、パフォーマンス、信頼性を確認しているので、安心してデータを保存いただけます。

仕様

外観

サイズ(最大)129.5 mm x 80.8 mm x 16.1 mm (5.10" x 3.18" x 0.63")
重量(最大)185 g (6.53 oz)
カラー
  • アイロングレー
  • ミリタリーグリーン

インターフェース

USB種類
  • マイクロUSB - USB Type A
接続インターフェース
  • USB 3.1 Gen 1

ストレージ

容量
  • 500 GB
  • 1 TB
  • 2 TB
ストレージメディア
  • 2.5インチHDD

動作環境

動作環境温度5°C (41°F) ~ 55°C (131°F)
動作電圧
  • 5V
注記
  • ワンタッチ自動バックアップとAES暗号化機能を利用するにはTranscend Eliteソフトウェアが必要です。
  • UASPが有効になっているホストと使用することでUASPを最大限活用できます。
  • サイズに突起部は含まれていません。

保証

認証
  • CE
  • FCC
  • BSMI
保証
  • 3年保証
保証規定
  • 保証規定についてはこちらでご確認ください。
  • 米軍の落下試験規格MIL-STD-810G 516.6をもとに同等の試験を実施しています。この非動作落下試験は、いかなる状況においてもこの製品が故障しないことを保証するものではありません。MIL-STD試験に関する詳細はこちらを参照ください。

システム要件

オペレーティング・システム(OS)
  • Microsoft Windows 7
  • Microsoft Windows 8
  • Microsoft Windows 10
  • Mac OS X 10.7以降
  • Linux Kernel 2.6.31以降

受賞情報

台灣精品獎

Taiwan Excellence
Taiwan

Taiwan Excellence 2018 台灣精品獎

Taiwan Excellence
Taiwan

Winner of the Best Storage Solution for 2017

Digital Camera
United Kingdom

Comparison Winner

vergleich.org
Germany


製品情報

500GB
  • TS500GSJ25M3S アイロングレー
1TB
  • TS1TSJ25M3G ミリタリーグリーン
  • TS1TSJ25M3S アイロングレー
2TB
  • TS2TSJ25M3G ミリタリーグリーン
  • TS2TSJ25M3S アイロングレー

Cookieの利用を有効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する

Cookieの利用を無効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する