30µ” PCBゴールドフィンガー(金端子)

ゴールドフィンガー(金端子)とは

PCBのコネクタ部は、表面が金メッキされ、指のように配置されていることから、ゴールドフィンガーと呼ばれることがあります。マザーボードに接続するコネクタとして機能し、信号やコマンドを確実に送信します。また、ハードゴールド(電解金メッキ)またはENIG (無電解金メッキ)を施して3µ”から50µ”の厚みをもたせることで、回路基板の端子を摩耗から保護し、長期間安心して利用することができます。

ゴールドフィンガーの必要性

組込みアプリケーションでは 長期稼働、大気汚染、温度や湿度の変化、粉塵、衝撃や振動、腐食、その他の潜在的なリスクや外的干渉など、デバイスの信頼性に影響を及ぼす様々な課題に直面することがあります。ゴールドフィンガーは、電子部品の耐久性を高め、デバイスが厳しい条件下でも安定して動作できるようにしています。

トランセンドの30µ”ゴールドフィンガー

トランセンドは、30µ”厚のゴールドフィンガーを適用した組込み向けSSDやメモリモジュールを提供しています。優れた伝導性に加え、酸化、摩耗、化学反応への耐性を高めることができるので、軍事設備、監視装置、FA機器、輸送システムに適しています。

製品一例

トランセンドはご要望に応じてカスタマイズ対応もしております。詳細はお問い合わせください。

Cookieの利用を有効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する

Cookieの利用を無効にしましたが、設定はいつでも変更できます。詳細はCookiesステートメントを確認ください。 設定を変更する